一般家庭の電力自由化に先駆けて、高圧電力は2004年から自由化が開始されています。
電気料金の下げるためには、まずは契約している電力会社のプランの見直しからはじめましょう。
平日・土日・祝日・昼間・夜間、どの曜日のどの時間帯が一番電力を使用しているでしょうか。
業務用ビルや商業施設、工場ではそれぞれ稼働している時間が違います。
電力消費のピークが何時ぐらいにあるかなど確認しておき、一番お得なプランを見つけましょう。
夜間の電気料金は使用は安くなることが多いです。
契約電力会社でプラン変更をしたら、次は他の電力会社とのプランを比較しましょう。
クリーンエネルギーのメガソーラーも安価で購入できるようになってきており、新電力会社のプランも比較してみるとよいでしょう。
初期投資を無料にしてくれる電力会社もありますので、電気料金以外のサービス内容も確認します。
各電力会社のホームページでサービスやプランを比較し、高圧電気のコストダウンに関する疑問が出てきた場合は、電力会社に問い合わせて相談しましょう。
電力会社を比較することで、出来ないと思っていたコスト削減ができる可能性があります。
ムダを回避し賢く電気を使用しましょう。http://koatsu-denki.com/denryoku-change-merit.html



インデックス